葬儀の後に行う法要の事前準備

葬儀の後に行う法要は、しっかりと事前準備を行っておかなければいけません。この事前準備を怠ってしまうと、タイミングが合わなくなってしまいます。法要は、亡くなりになった日を初日として七日周期で行う事になります。最後の四十九日法要は、絶対にずらせないタイミングとなっているので、しっかりと事前準備を行うようにしましょう。

葬儀の後に行う法要の事前準備として重要なポイントは、行う日時や行う場所、参列される方の人数の目安をたてる事と、依頼する僧侶の手配のふたつになります。最初に行う事前準備は、法要をいつ、どこで、何人くらいで行うのかの予定を決める事です。この部分が決まっていないと、会場をおさえたり、僧侶の方へ依頼する事ができません。法要のタイミングは亡くなった日を初日として七日周期で行うのですが、最後の四十九日法要に関しては、多くの方に参列してもらいやすいように、直前の土日などにするのが一般的となっております。

日程や参列者の人数が決まったら、僧侶の方に依頼します。この時、土日などはとにかく人数が多くなっているので、早目に手配をしなければ予約をする事が出来なくなってしまいます。そのため、早目に依頼をする必要があります。

合わせて参列してくれた方に引き出物を渡す場合には、それらの手配も重要になります。引き出物は嵩張らない物、実用性のあるもの、手元に残らない物という条件があります。石鹸やお茶、海苔などが定番となっているので、これらの中から選ぶのがベストです。