葬儀の後に行う最も重要な法要とは

葬儀の後に行う法要はいくつかありますが、その中でも最も重要になってくるのが四十九日法要になります。この四十九日法要は、亡くなった日を初日とカウントするので、故人が亡くなってからちょうど四十八日目に実施される法要です。亡くなった方は、死後四十九日後に仏の元へ向かうとされています。その四十九日目を迎えるまで七日ごとに閻魔大王の裁きを受け、最後の四十九日目に極楽浄土に行くことが出来るのかが決まるという事です。そのため、七日ごとに行われる法要の中でも最も重要視されているのです。

この四十九日法要は、規模も大きくなるので、なるべく早く会場を手配しなければいけません。また会場の手配と合わせて僧侶の方にお勤めの依頼を出すのも早めにしなければいけません。特に人気のある僧侶の方の場合には、予定が埋まりやすいくなっているので、少しでも早い依頼が必要です。四十九日法要に関しては、多少の前倒しは許容の範囲内となっているのですが、閻魔大王の裁きが終わってからでは意味がなくなってしまうので、僧侶の方の予定が合わずに四十九日以降になってしまわないように早目の予約が必要になるのです。

また、四十九日法要のタイミングで、お墓の準備が完了していると、同時にお墓にお骨を収める納骨式を行う事ができます。そのため、僧侶の方に納骨法要も併せて依頼すると一度で済んでおすすめです。葬儀から時間があるので、事前にしっかりと準備を整えておいてください。そうすることでスムーズに進められます。