葬儀の後に行う最初の法要

初七日法要は、故人が亡くなってから最初に訪れる行事になります。葬儀でバタバタしていた時間も、この初七日法要で一区切りする事ができます。そのため、葬儀の事前準備の時にこちらの初七日までを意識して予定をたてる事が一般的となっています。

仏教では、故人が安心して成仏し極楽浄土に行けるようにと故人が亡くなってから7日ごとに供養を行う事が一般的です。その中でも最も有名な四十九日法要までの期間を中陰と呼ぶのですが、そのトップバッターになるのがこの初七日法要になるのです。ただし、仏教の中でも浄土真宗の場合には、故人は亡くなってからすぐに極楽浄土へ行けるとされています。そのため、法要などは必要ないと思われるかも知れませんが、初七日法要に関しては、浄土真宗の教えを再確認するなど信仰を深める意味あいであったり、故人への生前を思い出したり、故人への感謝の気持ちを伝えるために行われています。

初七日法要は七日目に行う法要なのですが、どのタイミングから計算し始めるのかを間違えてしまうと正しい初七日法要をする事ができません。基本的には亡くなってから七日目が初七日となります。この時に注意して欲しいのが数えはじめるタイミングです。亡くなった翌日を初日とするのではなく、亡くなった日が初日になります。例えば六月の二日に亡くなった場合には、二日が初日になるので、初七日法要が行われる日は六月の八日という事になります。地域によっては亡くなった前日を初日にする場合もあるので、事前に確認するようにしましょう。