葬儀と法要の違い

葬儀と法要の違いをしっかりと確認しておかないと、思わぬ所で恥をかいてしまう可能性があります。また、葬儀と法要の違いを理解しておく事で、自分が喪主になった時に、手続きなどの事前準備を効果的に行う事ができます。葬儀と法要に関しては、色々と難しい部分があるかも知れませんが、まずは大まかなイメージを掴んでおくと、その後の対応が簡単になります。

基本的に葬儀は告別式を指した言葉になります。葬儀は最初にお通夜があり、その後、告別式や火葬などが行われます。お通夜から火葬までを全てが葬儀というカテゴリーになりますが、その中でもメインとなる告別式が葬儀と呼ばれるのが一般的です。地方によったり、宗教などによって葬儀を意味する言葉は若干違っている部分が出てきますが、大体は告別式の事だと認識しておいて間違いありません。

これに対して法要は、葬儀が終わった後に行われる四十九日法要などを指します。法要の主な目的は、故人との死別のショックから立ち直るために行われるという事です。故人に近い存在の方が集まって、故人の生前のお話などをしながら人との繋がりを確認したり、故人に改めて感謝をするような流れになります。法要の場合には、供養といった儀式的な一面も持ち合わせているので、お経を読んでもらうなどしっかりとした式になっています。葬儀とは異なり、かなり前々から予定が決まっているので、参加しやすいといった事があります。このようなイメージを持っておけば、葬儀と法要の違いは理解しやすいと言えます。